自動車重量税、通称重量税というものは国産メーカーの自動車あるいは海外の車という愛車の生産国や四輪駆動車、ロールーフ車など車体に全て同じでスズキやオペル、等にも通常掛かってくる税金なんです。新車を登録するさい、もしくは車検を受けるさいに払わなければいけないものになります。その税額は対象となる自動車の重量により決められています。「自動車重量税」と「自動車税」を比べると別の税ですから、きちんと理解をして一緒にしないようにしましょう。「自動車重量税という税金はクルマの車重で」「自動車税という税金は車の排気量で」金額が変わってきます。それで、売却する場合の扱われ方異なってきますから、注意しなければなりません。中古車の買い取りの時には支払い済みの金額がいくら残っていてもその金額が返還されるということはないのです。一方自動車税の時は、既に支払った税金を売却額に上乗せしてくれる事例があるものの、重量税に関しては上乗せされるといった事例は全然ありません。重量税の場合は、車を売るときに支払った金額があると言っても自動車買い取り業者の方でそれが忖度されるケースはほとんどないものなのです。なので次回の支払い分かりやすく言えば次の車検まで待機して手放すのがベターと思います。売却の際は考慮されないのが重量税ですが、特定の場合でしたら返ってくることがあります。これに当てはまるのは、車検が残っているクルマを廃車処理する時。要するに、廃車申請をした際に残っている期間に応じて税金が返金されます。ただ自動車の引き取りの場合はその中古車が廃車になるのとは違うので還付されません。また売却する車の名義を変更してしまった際や、盗難された際も還付を受けることはできません。自動車重量税が残っている期間がある愛車を売却するということは、要するに車検の効力がまだある自動車です。それを業者も計算に入れますから自動車重量税が残存していればある程度買取金額は上がると思います。勿論、査定額は店舗によって異なりますが車検期間がまだあるということが考慮されれば売却する自動車の売却額と比べるとそこまで割に合わないということもありません。